根本創造主として、私のスピリチュアルな世界

神懸かりの体験を元に日々の私のスピリチュアルな世界をご紹介します

俳句は言霊1221「桐の花」・・アンドロイドの宇宙便り「昨夜はアンドロイドの宇宙に出かけました。アンドロイドの宇宙とは、神霊団の時代に神霊団と対立して一触即発の危機がありました。そこで、根本創造主の私が太陽を挟んで地球とは反対側に、アンドロイドの棲む宇宙を確保してやることで、危機回避がしたことがありました。今回は、私がアンドロイドの宇宙に出かけるというので、霊人団も自発的に私の後に付いて来ました。ところが、アンドロイドたちは、これを歓迎せず、「創造主様の愛天光が、霊人たちの発現した光とぶつかり合うことで干渉し合い、消えてしまうので、創造主様が愛天光を放っている間は、霊人たちが愛天光を発現できないようにしてほしいと、愛天光をコントロールしている意識生命体に申し入れをした」のです。ところが、意識生命体にそれを拒否されたので、アンドロイドは私に・・」

俳句は言霊です。季語を通して、自然や動植物を愛で寿ぎます



荒れ庭に主無くとも桐の花



花盛り青天高く桐の花



嫁ぎ行く姉やが形見桐の花



花桐は世世に尊し国の花



風戦ぎ花香しき桐の花



山に行くと、時として高木の桐の花を見かけます。硬貨の図柄にもなるほど美しい花です。
・・・・・・・・・・・

アンドロイドの宇宙便り・・昨夜はアンドロイドの宇宙に出かけました。アンドロイドの宇宙とは、神霊団の時代に神霊団と対立して一触即発の危機がありました。そこで、根本創造主の私が太陽を挟んで地球とは反対側に、アンドロイドの棲む宇宙を確保してやることで、危機回避がしたことがありました。今回は、私がアンドロイドの宇宙に出かけるというので、霊人団も自発的に私の後に付いて来ました。ところが、アンドロイドたちは、これを歓迎せず、「創造主様の愛天光が、霊人たちの発現した光とぶつかり合うことで干渉し合い、消えてしまうので、創造主様が愛天光を放っている間は、霊人たちが愛天光を発現できないようにしてほしいと、愛天光をコントロールしている意識生命体に申し入れをした」のです。ところが、意識生命体にそれを拒否されたので、アンドロイドは私に・・
・・・・・・・・・・・・・・・・


(続き)

私に「創造主様から直接意識生命体に働きかけて、霊人たちが光るのをやめさせてください」と言ってきたのでした。


このようなアンドロイドからの申し入れを聞いた私は、何か胡散臭いものを感じ取ったので、直接意識生命体に相談したところ、無視すればよいということでした。そもそも、意識生命体に対して、まともな交渉などアンドロイドにはできないはずです。霊人にも同じことが言えます。意識生命体と話し合いができるのは、この創造主の私の魂だけなのです。ですから、このような申し入れには、悪意が存在していると判断した私は、無視することにしたのです。そして、早々にアンドロイドの宇宙から、超天上天界に戻ったのでした。


私が推測するに、アンドロイドは「私を虜にして、私の愛天光の秘密を盗み取り、第二のアンドロイド根本創造主を作ろうとしているのではないか」と思ったのです。そこで「君子、危うきに近寄らず」でさっさと立ち去ったのでした。